展示販売開始のお知らせ

5vnupvtluRvhihH1508239612_1508240378.jpg

公式ホームページ

DSC_4341_convert_20151109182451.jpg

オリジナル お名前立札(木札)

A8av228xZsUMc3c1449917723_1449917912.jpg

人形の修理・リメイク

nRViU2L0LyVH_cq1436708891_1436709495.jpg

こども写真館 スタジオアリス

234x60_convert_20160428202933.gif                    10万円以上のセットご成約のお客様 四ッ切写真とアルバムプレゼント!

求人募集のお知らせ

J77TVVO6brrTYjV1445423866_1445423875_2016062423314708b.jpg

プロフィール

 一心 

Author: 一心 
人形の秀月
人形工房 一心

( 店舗/工房 )
437-0065
静岡県袋井市堀越388-2
Honda Cars 浜松 袋井インター店西側
TEL:0538-43-4633

( 商時間 )
10:00~18:00
( 休商日 )
5月~10月 土・日・祝日
11月~5月 毎週水曜日
年末年始等



大きな地図を見る

smItaZ_ehBco4ik1417070828_1417070833.jpg

t01.png 

HP_Il2gl5rbEXOS1477311324_1477311338.jpg

京雛 大橋弌峰 正規取扱店
京雛 平安寿峰 正規取扱店
真多呂 木目込み人形 正規取扱店
映水作  市松人形  正規取扱店
忠保作 鎧・兜・甲冑 正規取扱店
一水作 京甲冑 正規取扱店
徳永こいのぼり 正規取扱店


*画像・文章等の無断転載禁止*

日本赤十字社

bnr_jrcs.jpg

カテゴリー

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

厳選されたお気に入り

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ランキング参加中

Translate

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

小札(こざね)

IMG_2698_convert_20110630230912.jpg 

連日の猛暑で
軽い熱中症になってしまい工房で悪戦苦闘です。

写真は
子供大将・鎧・兜等に使用する
小札(こざね)といわれるもので金色をしているので金小札(きんこざね)といいます。

その金小札に穴が開いていて
威し(おどし)と呼ばれる糸を編み込んでいくのですが・・・

もちろん
これも手仕事。

実はあまり知られていませんが
このひとつの山の大きさが何㎜となっており
より細かく㎜数で山数が多いほど編み込む数も増え
より美しい威し色の配色となり高価なものになってきます。

しかし
ただやみくもに㎜数を細かくし山数を多しても
バランスというのがあるので新作を作る場合は
何度も試作を作りながら適切な山数を割り出します。

糸色も
美しい配色の方程式というのがあり
その配色プラスαで独自の配色を作り出します。

こうして見ると
何気ない部品の一つに見えますが
実はその後ろには膨大な手間がかかっており
それを考えだし完成品とすると次に他社が真似をしだして
いかに手が掛からないようにして安価なものをと作り出されてしまいます。

いわゆる
いたちごっこで・・・

よって時と場合により
自社で型を起こし使用する場合もありますが
いつの間にか似たようなものがという具合です。

安価なモノを作りだす努力より
適正価格できちんと美しいものを
思考錯誤し作りだす努力の方が大切だと思うのですが。。。

他に 紙や革等を使用した
美しい小札がありますがそれはまた後日。

ポチッとご協力お願いいたします
    ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ

よく言われますが・・・



我々の業界では
私ほどの年齢でも
「近頃の若い者は・・・」
と言われてしまうところです。

ましてや
ちょっと変わった事をしてたり経験していたりすると
良くも悪くもいつの間にかどこかで話題に上がっている事が多いもの。

「名刺にこんな事書いてあるけどどんな奴だ??」
といった具合でだんだん話が大きくなり盛り上がるのしょう。

だからといって
どうという事は無いかとは思いますが
ややこしい年代なのかもしれません。

ポチッとご協力お願いいたします
    ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ

縁の下の力持ち

IMG_2707_convert_20110627220405.jpg 

普段
工房にて使用している特殊な糊。

工房では通称白ボンドとも呼びますが
これが様々な使用方法があり優れ物です。

実は
糊の使い方にもコツがありまして
どうしてもしっかり付けようとすると
一度に沢山の量を使用しとうよしますが
それは逆で必要最小限の量で薄く伸ばすこと。

それを可能にするのは
入れ物の上に乗っているヘラ。

ある種の木を使用し
各々が使いやすいようにと
それぞれ削り込んでMyヘラとなります。

今では
様々な便利な糊が出されており
必要に応じて数種類の糊を使い分けます。

昔は膠(にかわ)を多用していたと聞きますが。。。

工房にも溶かす前の固形の膠がありますが
今では殆ど使用する事も無くなってしまいました。

人形を作るうえで
見えない地味な存在の糊ですが
実は隠れたこだわりと使い方があり
人形作りには欠かせない最も重要な存在のひとつです。

まさに縁の下の力持ち。

ポチッとご協力お願いいたします
    ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ

ちょっとお茶席体験

IMG_2663_convert_20110626222157.jpg 

先日の伺った
島田市のお茶の郷では
博物館の横に茶室がありお茶席も体験できます。

なんでも茶室と庭園は
小堀遠州が手掛けた建物と庭園を復元したものだそうで
建物は京都 伏見奉行屋敷と石清水八幡宮瀧本坊を合わせて復元し
庭園は後水尾院の院御所である仙洞御所の東庭を造園当時のまま復元しているそうです。

そこにて
抹茶とお菓子をいただけるのですが
我が家の小さな彼女が座り方が綺麗とかで
「ちょっと簡単に点ててみる?」と体験をさせていただきました。

小さな彼女が
慣れないながらも一生懸命点てたお茶は
泡や色云々は関係無くとても美味しく感じるものです。
IMG_2669_convert_20110626222242.jpg 

作法という名の形だけじゃないんだよな
異形であっても肝心なことはそこに心があること・・・

などと偉そうに
ひとり窓から庭を眺めながら。。。

彼女たちはキチンと正座し
少し緊張した様子で楽しんでおりましたが
私はひとり無作法でありながら愉しんでおりました。

ポチッとご協力お願いいたします
    ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ

あづみ乃

IMG_2726_convert_20110624234641.jpg 

連日賑わいを見せている工房ですが
女の子の人形もおかげさまでご好評いただいております。

写真は 「あづみ乃」
その上品な名前もあってか
市松人形とともに当工房の看板商品でもあります。

もちろん
反物は選び抜いたものを京都から仕入れ
当工房にて採寸・裁断・仕立て・着付けまで全てをこなします。

内職さんの手を借りる事もありますが
その内職さんも選び抜かれた方達だけです。

おかげさまで
ご好評いただいている女の子にお人形ですが
限定物を含め既に完売のお人形もでてきており
順次全国の優良小売店様に出荷させていただいております。

一般のお客様におかれましては
静岡県以外では「秀重」ブランドで全国展開しておりますので
お近くの優良専門店にて立て札に「秀重作」と書かれているものをご確認ください。

お近くの取扱店がお分かりにならない場合は
左側の問い合わせフォームよりお問い合わせください。

ポチッとご協力お願いいたします
    ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ

子供を叱るという事



サントリー BOSS
レインボーマウンテンのCMですが
見ていて思わず共感?納得してしまいまして。。。

そういえば
昔と違いここまで本気で叱る
という事をしなくなったな・・・と。

親が感情的に
怒る事は多い様ですが
それは叱る事とは違います。

トミー・リー・ジョーンズ
いい「あじ」出していて好きですね。

ポチッとご協力お願いいたします
    ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ

手わざ足わざ

IMG_2710_convert_20110622185032.jpg 

今日は蒸し暑い一日となりましたが
工房内はそれ以上に熱くなっております。

写真は
子供大将の左右の足です。

実は
この足の状態になるまでにも
既に幾人もの手によって作られております。

その左右の足を胴に付ける
工房では胴組みと呼ばれる作業。

IMG_2712_convert_20110622185055.jpg 

自分の両手両足を
器用?に使い組み立てていきます。

この時点で
ある程度のバランスを取り
釘を打ち込むポイントも見定めます。

IMG_2716_convert_20110622185122.jpg
 

そして
こちらが完成した状態ですが
手を離してもピッ!と立つ様になります。

小さな事ですが
個人的にこの瞬間がたまりません。。。

私のしていた松涛館の空手でいう
後屈立ちをイメージしながら立てていくわけですが
キチッとバランスが取れるとどの大きいさのものでも立つ様になります。

そして
ここから更に別の人の手に渡り
次の作業へと続いていくのですが・・・

ひとつひとつの工程で手を抜いてしまうと
次の人の仕事がしづらくなりやる気も失せてしまい
結果的に必要以上の時間と労力が掛かってしまいます。

立つからどうという事は無いかもしれませんが・・・
こうした目に見えない部分でもしっかりと作り込むこと。

それが 全てに共通し
結果的に信用となるわけです。

工房では
随時見学も可能となっておりますのが
見学をご希望の方は事前にご連絡下さいませ。

ポチッとご協力お願いいたします
     ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ

手仕事

IMG_2690_convert_20110621190532.jpg 

おかげさまで
工房は連日大忙しです。 

上の写真は
覆輪(ふくりん)と呼ばれる
簡単に言うと金色をしたU字型の金属です。

IMG_2692_convert_20110621190557.jpg 

それを
今回は兜の吹き返しの部分に
読んで字の如く輪郭を覆う様にはめ込んでいきます。

IMG_2696_convert_20110621190642.jpg 

特殊?な工具を使用して
角もきちんと丁寧に整えて。

IMG_2694_convert_20110621190621.jpg 

先ず
大まかに完成させ
ここから更に手を加え
歪み等を調整し綺麗に整えてきます。

地味な仕事ですが
こうした地味な仕事の積み重ねで
初めてひとつの素晴らしいものが完成します。

これらは全て
数字では表せないものが多く
指先の感覚が全てとなる手仕事。

実は
これだけの仕事でもベテランの方となると
指先の動きにも無駄が無くそれは見事な仕上げとなります。

必要な手間は惜しまず
普通に丁寧な仕事をすること。
 
静岡県袋井市の
小さな町工房にて
昔から変わらない方法で
日々黙々と作り続けられていおります。

ポチッとご協力お願いいたします
      ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ 

お茶の郷

IMG_2628_convert_20110619223636.jpg 

今日もあいにくの天気でしたが
家族で富士山静岡空港へ立ち寄り
飛行機の離着陸を見ながらの魚がし寿司さんで昼食。

帰りに
島田市金谷にあるお茶の郷へ。

そこには博物館があるのですが
その中のウェルカムティーコーナー。

上の写真がそうですが
世界30ヶ国90種類のお茶が展示されており
引き出しを開けて実際にお茶に触れたり香りを楽しんだりできます。

月替わりで世界のお茶をいただけるのですが
今日は不思議と梅の香りのするお茶をいただきました。

そして
体験コーナーにて
初めて石臼での抹茶づくりを体験。

IMG_2648_convert_20110619223722.jpg
 

ひくのが
早過ぎても遅過ぎても駄目だそうです。

少量を少しずつ少しずつ
時間を掛けてひいていきます。

ゴリゴリとても心地よく
なんでもない作業の様ですが
「案外自分に向いてるかも・・・」と
家族そっちのけで集中してしまいました。

時折香る
抹茶の香りがとても良いですね。

IMG_2649_convert_20110619223609.jpg 

茶色に近い茶葉が
石臼から出てくると
繊細で美しい緑色の抹茶に。

実に不思議。。。

個人的に思ったのですが
この石臼でひくという作業の中にも何かがあり
心が急くと荒くなり落ちついひけばきめ細やかに。

ゆっくりと丁寧に
必要な時間を掛けて
薄の微妙な変化を感じて。

などと
ひとり深く考えてしまいましたが・・・
妙に気に入ってしまい石臼が欲しくなってしまいました。

ちなみに
ひいた抹茶はお持ち帰りできますので。 

詳しくは
静岡県島田市金谷富士見町3053-2
「 お茶の郷 」

ポチッとご協力お願いいたします
    ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ 

ディズニーシーのアーティスト

165_convert_20110618215744.jpg 

ディズニーシーにて
ご存知の方も多いかと思いますが
キャストの方がおもむろに何かをしだし
我が家の小さな彼女は偶然にもその場に居合わせたのでジッと見入ります。

166_convert_20110618220152.jpg 

そしてそのキャストの方が
爽やかな笑顔で去った後には
見事なキャラクターの絵が描かれてました。

私はあまり詳しくないのですが
ミス・バニーかと。

いつだったか
ディズニーチャンネルで紹介されているのを観て
凄いなと思ってはいたのですが本当に見る事が出来るとは。

水で描いただけなので
時間が経つと乾いて消えてしまうのが残念です。

キャストの方も含め
これも立派なアートであり
アーティストであると思います。

そして
皆さんに喜んでいただく
まさにプロフェッショナルですね。

ちなみに
いつどこでどのタイミングで
描いていただけるかは分かりませんので・・・

ポチッとご協力お願いいたします
    ↓
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 静岡情報へ

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE