公式ホームページ

DSC_4341_convert_20151109182451.jpg

オリジナル お名前立札(木札)

A8av228xZsUMc3c1449917723_1449917912.jpg

人形の修理・リメイク

nRViU2L0LyVH_cq1436708891_1436709495.jpg

こども写真館 スタジオアリス

234x60_convert_20160428202933.gif                   10万円以上のセットご成約のお客様に 四ッ切写真とアルバムプレゼント!

求人募集のお知らせ

J77TVVO6brrTYjV1445423866_1445423875_2016062423314708b.jpg

プロフィール

 一心 

Author: 一心 
人形の秀月
人形工房 一心

( 店舗/工房 )
437-0065
静岡県袋井市堀越388-2
Honda Cars 浜松 袋井インター店西側
TEL:0538-43-4633

( 商時間 )
10:00~18:00
( 休商日 )
5月~10月 土・日・祝日
11月~5月 毎週水曜日
年末年始等



大きな地図を見る

smItaZ_ehBco4ik1417070828_1417070833.jpg

t01.png 

HP_Il2gl5rbEXOS1477311324_1477311338.jpg

京雛 大橋弌峰 正規取扱店
京雛 平安寿峰 正規取扱店
真多呂作 木目込み人形 正規取扱店
映水作  市松人形  正規取扱店
忠保作 鎧・兜・甲冑 正規取扱店
一水作 京甲冑 正規取扱店
徳永こいのぼり 正規取扱店


*画像・文章等の無断転載禁止*

日本赤十字社

bnr_jrcs.jpg

カテゴリー

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

厳選されたお気に入り

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ランキング参加中

Translate

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

京都迎賓館 人間国宝 林駒夫作 蘭陵王

023_convert_20170619194429.jpg 

京都迎賓館内に
さりげなく飾られている桐塑人形。

人間国宝
林駒夫氏制作
「 蘭陵王 」 

その美しさに
思わず見入ってしまいました。

桐塑人形とは
木の土台に桐の木粉と
糊を混ぜ合わせた桐塑で細かく
肉付け・成形していく伝統的な人形制作技術。

京都迎賓館では
こうして人間国宝が携わった
作品の数々がしつらえられています。

普段
目にする事が出来ないものや
空間の美意識を肌で感じる事ができ
あらためて本物の凄さを体験する事ができます。

そのものの前では言葉が出ず
「本物を前に言葉が出ない」という事はこういう事なのだなと。

ちなみに・・・

!cid_C435D609-8C9C-4876-A6D9-FAD2C12E1256_convert_20170616212056_201706162122465b0.jpg 

同じ
迎賓館内に飾られている
こちらの檜扇 「大翳(おおかざし)」は
林駒夫氏の長女である林美木子氏の作品。

親子で
作品が飾られている事も凄いな・・・と。

詳しい事は分からずとも
先ずは本物を見て感じるという事は大切です。

まだまだ勉強。。。

京都迎賓館一般公開については
コチラ
をご覧ください。

人形の秀月
人形工房一心


◆浜松・磐田・静岡で人形のことなら・・・人形の秀月/人形工房一心

【住所】 静岡県袋井市堀越388-2 Honda cars 浜松 袋井インター店西側
【電話番号】0538-43-4633
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】5月~11月土・日・祝日
      11月~5月毎週水曜日・年末年始等
【駐車場】店舗兼工房東側に完備
【取扱いカード】VISA、MASTER、AMEX、DINERS

公式ホームページ
当店へのアクセス
メールでのお問い合わせ

☆浜松・浜北・磐田・袋井・掛川・菊川・豊橋
  遠くからは静岡や名古屋からもご来店いただいております。
☆雛人形・市松人形・五月人形・鯉のぼり・鎧・兜・甲冑・駿河塗下駄等。
☆人形の修理・リメイク等のご相談もお気軽にどうぞ。 

Td2u8ozAUJCZCDL1416408911_1416408925.png

ポチッとご協力お願いいたします
   ↓


タグ : 京都 迎賓館 京都迎賓館 京都御所 人間国宝 林駒夫 桐塑人形 蘭陵王 林美木子 人形の秀月

京都迎賓館へ

!cid_BBF1CD4F-5F71-494D-A3E2-36DACC94E60E_convert_20170616211649.jpg

京都迎賓館へ。

今回
所用で大阪・京都へ行く際
どうしても伺ってみたかった場所。

「入れるの?中を見れるの?」
と聞かれますが・・・警備はとても厳重で
撮影禁止の場所もありますが諸手続きにより見学可能ですので。

京都迎賓館は
日本の歴史・文化を象徴する都市・京都で
海外からの賓客を心を込めてお迎えし
日本への理解と友好を深めていただくことを目的に
平成17年(2005年)4月に開館した国の迎賓施設です。

日本建築の
長い伝統の粋と美しさを
現代の建築技術と融合させる
現代和風の創造を目指して設計されました。

東京にある
迎賓館赤坂離宮とともに
国公賓などの賓客の接遇の場としての役割を果たしています。

京都迎賓館は
築地塀を巡らされた品格ある和風の佇まいで
入母屋造りなど日本建築の伝統的な屋根の形式が組み合わされ
それぞれの技が用途にふさわしい外観を形成しています。

!cid_F0F910E0-73A3-4C76-BAEE-B72E16727193_convert_20170616211556.jpg   

桐の間

桐の間は
和食を提供する「和の晩餐室」
最大24名までの会食が可能なこの部屋では
京料理でおもてなしをいたします。

食事中に
芸鼓さんや舞妓さんによる
舞や事の演奏などが行われ宴席に彩を添えています。

座卓は漆で
全長12メートル
漆の一枚板仕上げ。

座椅子には
蒔絵で「五七の桐」が描かれています。

釘隠や襖の唐紙などの各所に
「五七の桐」が見られますが、これは、明治時代より
日本政府の紋章として使用されているもので京都迎賓館の紋章でもあります。

!cid_66240809-49DA-41E8-8A0C-BF9CDA13D2EE_convert_20170616211628.jpg 

奥には
吊香炉(つりこうろ)が。

「色絵鳳凰吊香炉」
八代 清水六兵衛作

美しい吊香炉と
贅沢な空間に惚れ惚れしてしまいます。

 !cid_ABF4FA83-44BB-48EE-9A3D-755D513674F5_convert_20170616212327.jpg 

桐の間からは
この様な庭の眺めも。。。

 !cid_35F97249-6B4F-4235-A43E-81D9809DC193_convert_20170616211614_201706162122364c3.jpg

藤の間

藤の間は
京都迎賓館で最も大きな部屋で
洋食の晩餐会や歓迎式典の会場として使用されています。

壁面装飾は
日本画の鹿見喜陌氏の下絵を基に綴織り(つづれおり)
の技法を用いて製作された織物で縦3.1メートル・横16.6メートル。

藤の間の舞台では
舞・能や琴の演奏。雅楽などが披露され
訪れた方々への日本の伝統文化を紹介しています。

写真には写っていませんが
舞台扉は截金(きりがね)で
人間国宝の故 江里佐代子氏の作。

ちなみに
こちらに敷かれている緞通(だんつう)も
素足や素手で触ることや物を置く事も禁止されていますので。

!cid_C435D609-8C9C-4876-A6D9-FAD2C12E1256_convert_20170616212056_201706162122465b0.jpg 

見惚れてしまった
檜扇 「大翳(おおかざし)」
林美木子氏 作

京都迎賓館の建設にあたっては
11種類の伝統技能者を活用しています。

また館内には
14種類の伝統技能を活用した多くの調度品を配置しています、

伝統技能者の技
大工(数寄屋)・左官・建具・表具・畳・錺金物(かざりかなもの)
漆・截金・庭園・石造工芸及び竹垣

伝統技能
漆・蒔絵・螺鈿・錺金物・鎚起(ついき)・鋳金・竹工芸
京指物・木象嵌・西陣織・羅織物・京繍・京組紐・七宝

日本人として
一度は見ておくべきところだと思います。

仕事柄
本物を見る事が大切ですので
是非とも伺ってみたかった京都迎賓館。

本当に
驚かされます。

是非とも
機会があれば
本物の日本の伝統美を
その目で見て感じ取っていただければと。
(建物全て触れる事は禁止となっておりますので)

あらためて
日本の伝統美の凄さを感じたひとときでした。

人形の秀月
人形工房一心


◆浜松・磐田・静岡で人形のことなら・・・人形の秀月/人形工房一心

【住所】 静岡県袋井市堀越388-2 Honda cars 浜松 袋井インター店西側
【電話番号】0538-43-4633
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】5月~11月土・日・祝日
      11月~5月毎週水曜日・年末年始等
【駐車場】店舗兼工房東側に完備
【取扱いカード】VISA、MASTER、AMEX、DINERS

公式ホームページ
当店へのアクセス
メールでのお問い合わせ

☆浜松・浜北・磐田・袋井・掛川・菊川・豊橋
  遠くからは静岡や名古屋からもご来店いただいております。
☆雛人形・市松人形・五月人形・鯉のぼり・鎧・兜・甲冑・駿河塗下駄等。
☆人形の修理・リメイク等のご相談もお気軽にどうぞ。 

Td2u8ozAUJCZCDL1416408911_1416408925.png

ポチッとご協力お願いいたします
   ↓


タグ : 京都 京都迎賓館 五七の桐 吊香炉 清水六兵衛 人間国宝 江里佐代子 檜扇 林美木子

おついたち詣り 周智郡森町一宮 小國神社 トウモロコシ 甘々娘

20170406002259c52_201706012231465f2.jpg 

今朝は
周智郡森町一宮の小國神社へ
久々に母を連れtてのおついたち詣り。

工房は
まだ慌ただしい日が続いてますが
根を詰めて働く母も時には息抜きをさせねばなりませんので。

毎年
この時期のおついたち詣りは
母を連れてのお詣りをする様にしています。

まだ
シトシトと雨が降っていましたが
大型バス等で団体で参拝される方の姿も。

蒸し暑さはありましたが
参道に入ればひんやりとして心地良く。

ちょうど
納める御守りを
預かってきましたので
納めさせていただき二人でお詣りです。

昔は
照れくささもありましたが・・・

先ずは
シーズンを
無事乗り越えられた事に
お礼を述べさせていただいて。

基本的に
神頼みという事はしないようにしていますが
毎月必ずお礼は述べさせていただいておりますので。

そして
いつもの御神籤へ。

さて
今月の教え・・・

「一つの欠点でその全人格を推しはかってはならない」

今月も
今考えている事の
答えをいただく事ができました。

不思議なもので
いろいろな事がありますが
毎月必ずその時に悩んでいる事の
答えうやアドバイスをいただく事ができます。
あらためて「守られているのだな・・・」と実感。

そう思うと
「守られているのだな・・・」
とあらためて思う事ができますね。

そして
途中お神酒を買うべく
ある場所へ寄ったのですが
あの有名なトウモロコシの甘々娘は未だ買えず。

実は
まだ食べた事が無くて。。。

いつどこへ行けば
買う事ができるのだろう・・・と。

そんな事や
混合方向性を
車中で母と話しながら
工房へ戻り直ぐいつもの様に仕事モードです。

人形の秀月
人形工房一心


◆浜松・磐田・静岡で人形のことなら・・・人形の秀月/人形工房一心

【住所】 静岡県袋井市堀越388-2 Honda cars 浜松 袋井インター店西側
【電話番号】0538-43-4633
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】5月~11月土・日・祝日
      11月~5月毎週水曜日・年末年始等
【駐車場】店舗兼工房東側に完備
【取扱いカード】VISA、MASTER、AMEX、DINERS

公式ホームページ
当店へのアクセス
メールでのお問い合わせ

☆浜松・浜北・磐田・袋井・掛川・菊川・豊橋
  遠くからは静岡や名古屋からもご来店いただいております。
☆雛人形・市松人形・五月人形・鯉のぼり・鎧・兜・甲冑・駿河塗下駄等。
☆人形の修理・リメイク等のご相談もお気軽にどうぞ。 

Td2u8ozAUJCZCDL1416408911_1416408925.png

ポチッとご協力お願いいたします
   ↓


タグ : 周智郡 森町 一宮 小國神社 おついたち詣り 御神籤 お神酒 トウモロコシ 甘々娘 人形の秀月

浜松市天竜区の本田宗一郎ものづくり伝承館

!cid_D642CA59-CEBB-497C-AAB3-C49F000DF235_convert_20170528222941.jpg 

浜松市天竜区の
本田宗一郎ものづくり伝承館へ。

大なり小なり
ものを創り出す仕事
というのはその時々に壁に当たるものでして。

その壁をどう越えるか
という事が大事になってきますが
その越え方というのも大事になってきます。

それが
技術的なものなのか
知識的なものなのか。

顔に似合わず
そんな事を毎日考えながら
ひとつの兜や人形を創ってゆく中で
その工程の中に「もっと良くする方法」
というものを考えながら仕事をしている訳ですが・・・

常に
頭の中には
「これでいいのか?」
という「?」マークが出ている訳で。

定番のもので
創り続けてられているものでも
毎回何かしら試行錯誤しながら創っています。

シーズン中
ショールームに展示する
お雛様や五月人形等のお飾りも
「この子達がもっと良く映えるには・・・」
と何時も考え気になった事は毎日何かしら微調整をしたりもする訳で。

つい
話しが逸れてしまいましたが・・・

本田宗一郎ものづくり伝承館では
宗一郎氏が実際に使っっていた道具や
宗一郎氏の人生に大きな影響を与えた
父・儀平のことばというものがあったりと。

なかでも
父・儀平のことばは

・職人というのは、物を売ったら最後まで責任をもなねばならん。
つくりっぱなし、売りっぱなしでは、そのうち注文がこなくなるのだ。

・お金のために働くのではない。
よい仕事さえしていれば、自然にお金を払ってもらえるものだ。

・なにをやろうと勝手だが、他人に迷惑をかけることだけはするんじゃないぞ。

・大人になっても、博打だけはやるな。
あれは、癖になる。麻薬と同じだ。

・時間を大切にするんだぞ。
時間を有効に使うか無駄にするかで、人生は決まる。

思わず
ウンウンと何度も読み直してしまいした。

そして
これは宗一郎氏のことばのひとつですが
「製品をみれば目からその人の思想が入る」

この言葉も好きですね。

なんだか
たるんだ自分に
喝を入れていただいた様な。

現代でも
充分通用する言葉ですね。

そして
写真のモンキー。

こういう
小さいバイクは
乗った事はありませんが
そこにその存在があるだけでも楽しくなってしまいますね。

それって凄いな・・・と。

実は
本田宗一郎ものづくり伝承館の前に
豊田佐吉記念館にも足を運んでいました。

二人の生い立ちを比べ
なぜこんなに凄い事ができるのだろうと考えてみたり
そんな二人のちょっとした共通点を見つけたりもして。

それにしても
そういった人物を生み出す浜松って凄いなと。

人間味のある
本田宗一郎氏。

伺えて良かったです。

ひとり
何故か満足感に浸り
身体のメンテナンンスへと向かったのでした。

人形の秀月
人形工房一心


◆浜松・磐田・静岡で人形のことなら・・・人形の秀月/人形工房一心

【住所】 静岡県袋井市堀越388-2 Honda cars 浜松 袋井インター店西側
【電話番号】0538-43-4633
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】5月~11月土・日・祝日
      11月~5月毎週水曜日・年末年始等
【駐車場】店舗兼工房東側に完備
【取扱いカード】VISA、MASTER、AMEX、DINERS

公式ホームページ
当店へのアクセス
メールでのお問い合わせ

☆浜松・浜北・磐田・袋井・掛川・菊川・豊橋
  遠くからは静岡や名古屋からもご来店いただいております。
☆雛人形・市松人形・五月人形・鯉のぼり・鎧・兜・甲冑・駿河塗下駄等。
☆人形の修理・リメイク等のご相談もお気軽にどうぞ。 

Td2u8ozAUJCZCDL1416408911_1416408925.png

ポチッとご協力お願いいたします
   ↓


タグ : 浜松市 天竜区 二俣 本田宗一郎 本田宗一郎ものづくり伝承館 豊田佐吉 豊田佐吉記念館 HONDA TOYOTA 人形の秀月

磐田にある薪窯ピッツアのお店 ピッツェリア ウーノウーノ

!cid_443D0898-71D4-4948-9DF5-2706A6127AA8_convert_20170513222519.jpg 

娘の用事も兼ね
某所へ向かう途中
二人で遅めのランチをと
磐田の薪窯ピッツアのお店
ピッツェリア ウーノウーノさんへ。

お節句の仕事をしている為
シーズン中はなかなか伺う事が出来ませんが
この時期になると時折一人でフラリと訪れてランチをする場所。

食材といい
薪窯といい
エスプレッソマシーンといい
それぞれにこだわりを持つお店ですが
それを誇張する事無く普通にさりげなく提供するお店。

そういうところもお気に入り。

必要以上に
着飾る事もせず
自分達は何で勝負するか
ブレないところもいいですね。

そして
何よりも人柄です。

良い食材
良い機械等々
良いにこしたことはありませんが
それ以上に人柄に勝るものはありません。

人柄は
必ず表れますので。

ご主人の
黙々とピッツァを焼く後姿は
正に職人で格好良いなぁ・・・と。

時間のある時は
話し掛けてみると
その素朴な人柄の良さがよく分ります。

開店以来
ジワジワと人気が出続け
常連さんも多い理由が分かりますね。

娘は
純粋に味だけでも
「あそこ行く?」と聞けば
間違いなく「行きたい!」と言いほどですので。

写真は
いつもいただく
マルゲリータ。

バジル
トマトソース
モッツァレラチーズ
でシンプルに焼き上げられたピッツァ。

これで
一人分ですが
薪窯のせいもあってか
さっぱりと完食できてしまいます。

実は
その薪窯へのこだわり
聞くとあまりの奥深さに驚かされますので。

そして
食後にはエスプレッソ。

そこにも
実は・・・というものが。

そうした
「実は・・・」が隠されているので
ご主人にお聞きしてみるのも楽しいですよ。

本格的な薪窯の
磐田市富士見台にある
ナポリ風ピッツァのお店。

詳しくは
PIZZERIA UNOUNO 公式フェイスブックページ
をご覧ください。

人形の秀月
人形工房一心


◆浜松・磐田・静岡で人形のことなら・・・人形の秀月/人形工房一心

【住所】 静岡県袋井市堀越388-2 Honda cars 浜松 袋井インター店西側
【電話番号】0538-43-4633
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】5月~11月土・日・祝日
      11月~5月毎週水曜日・年末年始等
【駐車場】店舗兼工房東側に完備
【取扱いカード】VISA、MASTER、AMEX、DINERS

公式ホームページ
当店へのアクセス
メールでのお問い合わせ

☆浜松・浜北・磐田・袋井・掛川・菊川・豊橋
  遠くからは静岡や名古屋からもご来店いただいております。
☆雛人形・市松人形・五月人形・鯉のぼり・鎧・兜・甲冑・駿河塗下駄等。
☆人形の修理・リメイク等のご相談もお気軽にどうぞ。 

Td2u8ozAUJCZCDL1416408911_1416408925.png

ポチッとご協力お願いいたします
   ↓


タグ : 磐田市 富士見台 薪窯 ピッツァ ピッツェリア ウーノウーノ マルゲリータ こだわり 本格的 人形の秀月

浜松まつり

!cid_9D720256-ACB4-4FF5-9A2A-ED1FB5E0FDA1_convert_20170506020243.jpg


昨夜は
浜松まつりへ。

毎年
楽しみにしているお祭り
でもあるのでこの時ばかりは
早々に仕事を終え市街地の会場へ。

その前に
佐鳴台にて
先ずは身体のメンテナンス。

相変わらず
ガチガチになっているので
「こうなるまで放っておくな!」
叱られながらの施術です。。。

そして
ほど良く
解れたところで会場へ。

そもそも
浜松まつりとは
子どもの誕生を祝う「初凧」の伝統。

浜松まつりの
特徴のひとつは「都市まつり」

東京の天下祭りや
京都の祇園祭りと違い
神社仏閣の祭礼とは関係ない市民のまつり。

浜松まつりの始まりは
一説によると今からおよそ450余年前の
永禄年間(1558~1569年)に当時の浜松を治めていた
引間城主の長男誕生を祝って城中高く凧を揚げたことが
凧揚げの起源であると言われていますが記録としては定かではありません。

記録に残っているものとしては
寛政年間(1789~1800年)の記録に凧の記述がみられます。

「遠州のからっ風」
と呼ばれる強い風が吹くこの地は
天候的にも凧揚げに好条件であり
子どもの誕生を祝う「初凧」の伝統は
浜松まつりとして現在までにこの地に根付いています。

相良・横須賀・袋井など
多くの凧がありますが浜松は特に盛んです。

浜松藩には24か町の職人の町があり
伝馬・塩・鍛冶・元魚・田・連尺・大工・紺屋・肴・旅籠・板屋等の町が
後の凧揚げの中心を担う町になりました。
(浜松まつり公式ウェブサイト/浜松まつり組織委員会より抜粋)

毎年
同じ場所での見学ですが
少し見物人が減ったかな・・・と。

昔を知っている方に聞くと
「昔は練りも何もかも、もっと凄かったぞ・・・」
と言いますが。

それでも
時間帯によっては
見物人も集まってきて
ラッパ隊と練りで盛り上がります。

写真は
ちょうど板屋町の
御殿屋台が近くに来たところ。

各町それぞれ
趣向を凝らし精巧な彫刻を施した屋台が
ゆっくりと目の前を通ってゆく光景は見物ですね。

さらに
屋台の上で奏でる
子どもたちのお囃子は
声を掛け合いながら太鼓・鼓・鉦・笛などを奏でます。

これも
各町独特の
まつり囃子だとか。

こうした
子どもたちのお囃子も
とても可愛く綺麗で屋台引き回しに華を沿えますね。

今年も
浜松まつりを
楽しませていただく事ができ
帰り道で信号待ちをしていると・・・

!cid_415DD421-618F-4C14-BBEA-0B9DE63069A6_convert_20170506020221.jpg 


中澤町の御殿屋台。

御殿屋台も
御殿屋台を曳く引く人たち
練りもラッパ隊も皆がカッコイイ。

車中より
見入ってしまいました。

174か町が参加しての凧揚げ合戦
81か町が夜の街を華麗に彩る御殿屋台の引き回し。

形は違えど
同じ初子のお祝いですので
どの子もどの町も応援したくなってしまいますね。

また
来年が楽しみです。

浜松まつりの詳細は
浜松まつり公式ウェブサイト|浜松まつり組織委員会
をご覧ください。


◆浜松・磐田・静岡で人形のことなら・・・人形の秀月/人形工房一心

【住所】 静岡県袋井市堀越388-2 Honda cars 浜松 袋井インター店西側
【電話番号】0538-43-4633
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】5月~11月土・日・祝日
      11月~5月毎週水曜日・年末年始等
【駐車場】店舗兼工房東側に完備
【取扱いカード】VISA、MASTER、AMEX、DINERS

公式ホームページ
当店へのアクセス
メールでのお問い合わせ

☆浜松・浜北・磐田・袋井・掛川・菊川・豊橋
  遠くからは静岡や名古屋からもご来店いただいております。
☆雛人形・市松人形・五月人形・鯉のぼり・鎧・兜・甲冑・駿河塗下駄等。
☆人形の修理・リメイク等のご相談もお気軽にどうぞ。 

Td2u8ozAUJCZCDL1416408911_1416408925.png

ポチッとご協力お願いいたします
   ↓


タグ : 浜松市 浜松まつり 凧揚げ合戦 御殿屋台引き回し 練り ラッパ隊 初子 板屋町 中澤町 人形の秀月

浜松市茶室 松韻亭 本日の呈茶 宗偏流

!cid_D540089C-3ED8-4FA5-9933-4BE7C09AF118_convert_20170426230238.jpg 

浜松市
中区佐鳴台へ
身体のメンテナンス。

とは言うものの
移動中もお客様と連絡を取り
ご要望にお応えしながら様ご注文を承ります。

必要とされてる以上
出来る限りお役に立ちたいので。

さて
身体のメンテナンスは
もう10年近く通い続けるところ。

今回は
いつもと違う箇所に
少し異変が起きていたので
それを説明し叱られながらゴッドハンドにおまかせ。

楽になったところで
浜松市茶室 松韻亭へ。

本日の呈茶は
宗偏流。

御茶菓子は
浜松市中区千歳町
御菓子司 花鼓さん。

今回も
庭を眺めながら
お茶と御茶菓子をいただいて。

実に
贅沢なひとときです。

主とも
建物の事や
ある考え方の事も
お話しさせていただりして。

いろいろな意味で
とても勉強になります。

今回は
とある接点も見つかり
ご縁て不思議だな・・・と。

そして
しばらくお話しさせていただき帰路へ。

束の間の
至福のひととき。

人形の秀月
人形工房一心は
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。


◆浜松・磐田・静岡で人形のことなら・・・人形の秀月/人形工房一心

【住所】 静岡県袋井市堀越388-2 Honda cars 浜松 袋井インター店西側
【電話番号】0538-43-4633
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】5月~11月土・日・祝日
      11月~5月毎週水曜日・年末年始等
【駐車場】店舗兼工房東側に完備
【取扱いカード】VISA、MASTER、AMEX、DINERS

公式ホームページ
当店へのアクセス
メールでのお問い合わせ

☆浜松・浜北・磐田・袋井・掛川・菊川・豊橋
  遠くからは静岡や名古屋からもご来店いただいております。
☆雛人形・市松人形・五月人形・鯉のぼり・鎧・兜・甲冑・駿河塗下駄等。
☆人形の修理・リメイク等のご相談もお気軽にどうぞ。 

Td2u8ozAUJCZCDL1416408911_1416408925.png

ポチッとご協力お願いいたします
   ↓


タグ : 浜松市 茶室 松韻亭 呈茶 宗偏流 千歳町 御菓子司 花鼓 至福のひととき 人形の秀月

おついたち詣り 小國神社から浜松市茶室 松韻亭 裏千家

証明JPG (48) 

定休日とはいえ
早朝に仕事を済ませ
遅めのおついたち詣りで小國神社へ。

温かい日でしたので
多くの参拝者の方が。

ちょうど
大安という事もあり
結婚式が行われていたり
お宮参りのご家族がいらっしゃったりと
幸せの気をたくさんいただけるお詣りとなりました。

それにしても
白無垢姿は美しいですね。

これも
日本の伝統美。

神前式を
選ばれる方が
多くなりつつあるのも分ります。

その前では
ご家族でお宮参り。

ご家族みなさん
幸せそうな笑顔で良いですね。。。

見ているこちらも
癒されてしまいます。

お写真を
撮り終わるのを待ち
お詣りをさせていただきました。

もちろん
いつもの様に
願い事はせずお礼です。

そして
いつもの様に御神籤を。

今月の教え・・・
「思いやりの心が乏しいと人の悪いところだけが目につく」

連日の忙しさで
心を失いつつあって
思い当たる事もあるので
反省せねばなりません。。。

見事に
ご指摘いただき感謝です。

そして今日は
さらに癒しを求め
浜松市茶室 松韻亭へ。

!cid_417398FF-C49B-47CF-9858-8C55D445267F_convert_20170406002045.jpg 

本日の呈茶は
裏千家。

海外からの
団体さんの予約が入っている
との事でしたので少し慌ただしい気がありましたが・・・

それでも
しばらくの間
お茶をいただき
庭を眺めボ~ッと。

この
無心に
ボ~ッとできる
この時間が心地良くて。

庭を眺め
桜が未だ咲いてない事に
人間界の流れは慌ただしくなっているのに対し
反対に自然界は正直で逆に少し遅気味でもあるので
自然界の流れと人間界の流れのバランスが崩れているのかな・・・などと。

偉そうな事を
言える様な立場ではありませんが。。。

けれど
自然界には
何か理由があるんですね。

単に
桜の開花が遅いと思うか
何で遅いのだろうと考えるか。

必ず
どこかに
サインがあるんですね。

といった様な事を
お抹茶をいただきながら
当番の方と話をさせていただいて。

その方の
受け答えがとても良く。

今日のお抹茶は
特に美味しかった様に感じました。

いつか
きちんと
習いたいな・・・と。

そして帰路へ。

工房では
既に来季の新作の
試作創りが始まっておりまして。。。

人形の秀月
人形工房一心は
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。


◆浜松・磐田・静岡で人形のことなら・・・人形の秀月/人形工房一心

【住所】 静岡県袋井市堀越388-2 Honda cars 浜松 袋井インター店西側
【電話番号】0538-43-4633
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】5月~11月土・日・祝日
      11月~5月毎週水曜日・年末年始等
【駐車場】店舗兼工房東側に完備
【取扱いカード】VISA、MASTER、AMEX、DINERS

公式ホームページ
当店へのアクセス
メールでのお問い合わせ

☆浜松・浜北・磐田・袋井・掛川・菊川・豊橋
  遠くからは静岡や名古屋からもご来店いただいております。
☆雛人形・市松人形・五月人形・鯉のぼり・鎧・兜・甲冑・駿河塗下駄等。
☆人形の修理・リメイク等のご相談もお気軽にどうぞ。 

Td2u8ozAUJCZCDL1416408911_1416408925.png

ポチッとご協力お願いいたします
   ↓


タグ : 周智郡森町 一宮 おついたち詣り 結婚式 神前式 白無垢 お宮参り 浜松 茶室 松韻亭

おついたち詣り 小國神社と事任八幡宮 浜松市 茶室 松韻亭

証明JPG (48) 

午前中
ご来店予約のお客様の後
おついたち詣りへと小國神社と事任八幡宮へ。

今回は
諸事情により
二つの神社へと
お詣りをさせていただきました。

もちろん
いつもの事ながら
願い事はしないお礼詣り。

最初は
掛川市の事任八幡宮へ伺わせていただき
そのまま周智郡森町一宮の小國神社へと。

ちょうど
お昼時でしたので
境内は人影も少なく
ゆっくりとお詣りができました。

その分
近隣には
美味しいお食事処もあり
どこも混んでいた様な。。。

両方の
大切な神社へ
お礼詣りも済ませ
いつもの御神籤を。

今月の教え
「世間は階段のようなもの ある人は登り ある人は降りる」

実に
意味深い事ですが・・・

せっかくなら
共に登って行こうと。

その様な事を思いながら
次の目的地の浜松へと車を走らせ
先ずは欠かせない身体のメンテナンス。

この時期は
体重も落ちるので
特に身体のメンテナンスは欠かせません。

そして
次は心のメンテナンスをと
浜松市 茶室 松韻亭へ。

本日の呈茶は
煎茶 方円流。

お茶をいただきながら
お雛様の話しで盛り上がったりして楽しいひととき。

とはいうものの
結局は仕事の話しをしてますね。。。

けれど
楽しめて盛り上がるのだから
根本的にこの仕事が好きなのだな・・・と。

そこで
新たな発見もあったりして。

この時期
気持ちも張りつめていますので
こういった時間が特に大切になってきます。

ちょっとした
力の抜きどころ。

人形の秀月
人形工房一心は
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。


◆浜松・磐田・静岡で人形のことなら・・・人形の秀月/人形工房一心

【住所】 静岡県袋井市堀越388-2 Honda cars 浜松 袋井インター店西側
【電話番号】0538-43-4633
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】5月~11月土・日・祝日
      11月~5月毎週水曜日・年末年始等
【駐車場】店舗兼工房東側に完備
【取扱いカード】VISA、MASTER、AMEX、DINERS

公式ホームページ
当店へのアクセス
メールでのお問い合わせ

☆浜松・浜北・磐田・袋井・掛川・菊川・豊橋
  遠くからは静岡や名古屋からもご来店いただいております。
☆雛人形・市松人形・五月人形・鯉のぼり・鎧・兜・甲冑・駿河塗下駄等。
☆人形の修理・リメイク等のご相談もお気軽にどうぞ。 

Td2u8ozAUJCZCDL1416408911_1416408925.png

ポチッとご協力お願いいたします
   ↓


タグ : 掛川市 事任八幡宮 森町一宮 小國神社 浜松市 茶室 松韻亭 呈茶 方円流 人形の秀月

静岡県立美術館 蜷川実花展

!cid_8D72E8FC-2DB3-4F6D-9020-31076C4513BB_convert_20170208220133.jpg 

久々の休日
体調があまり優れない中
静岡県立美術館で開催されている
蜷川実花展へ。

数年前
輪島在住の人形作家
加波千晴さんから話しを伺い
機会があればと是非と思っていたので。

蜷川実花
東京生まれ
多摩美術大学在学中の1996年に
若手写真家の登竜門といわれる「ひとつぼ展」でグランプリを受賞。
「写真新世紀」で優秀賞を受賞し写真界でその名を広く知られる様になる。
2001年には写真界の芥川賞と呼ばれる
「木村伊兵衛写真賞」をHIROMIX・長島有里枝と同時受賞し
写真界での確固たる地位を築くとともに2006年にはVOCA展大原美術鑑賞を受賞して
現代アートの領域においても高い評価を受ける。
「蜷川カラー」とも呼ばれる極彩色の鮮烈な写真イメージは
若い女性を中心に幅広い年代層より日本国内外で熱く支持さる。
2014年には芸術文化における幅広い見識から
2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事に就任し
芸術文化の最前線でそに感性が求められている。
(パンフレットより抜粋)

それまで
あまり知らなかったのですが
目をキラキラさせながら話していた
千晴さんの顔がとても印象的だったので
「これはきっと凄い方なんだ・・・」と意識するようになってました。

ちょうど
色彩についても
勉強したいけれど
何をどうしたらと自問自答してましたので。

そこへ
展覧会です。

偶然?
必然?

これは
必ず伺ってみねばと。

館内は
基本的に撮影禁止ですが
撮影可能ポイントの部屋では撮影可能ですので。

!cid_294C8F20-6692-41B6-94BF-1194C96D50A7_convert_20170208223657.jpg 

Floweres
生き生きとし
ポップでカラフルな色彩に溢れる
花の写真は蜷川の代表的なイメージ。
かつての国内巡回展の副題が
「地上の花、天井の色」であったように
華やかで鮮やかな色彩の作品が広々とした空間を埋め尽くす。

 !cid_301BE67B-F359-4D2E-9999-713E100D66D7_convert_20170208220254.jpg 

!cid_4B44EF1C-E134-428A-ADA4-9448A7647B2F_convert_20170208220207.jpg 


2011年刊行の写真集「桜」から。
震災の年として記憶される2011年の春。
蜷川は生を謳歌するかのように咲き誇る桜を
何かに憑かれたように撮影し続けた。
1週間で2500カットにも及んだという。
本展では展覧会では国内初となる展示室の壁
床ともに桜のイメージで全面を覆いつくした空間インスタレーションを行う。

この他にも
様々な写真があり
そこにはアイドルや俳優たちも・・・

この展覧会
ひと言で大きく言えば
目が覚める様な感覚。

その世界観に
引き込まれてしまう様な。

なかなか
言葉では言い表せないのですが・・・

言葉ではなくて
感じるものなのだなとつくづくと思います。

見せ方も
重要なだ・・・と。

千晴さんの言う
「どこかで見かけても蜷川さんのものだって絶対に分かるほどの個性と世界観。
作者の名前を見なくても分かるほどの個性」

同感です。

お互い
そうなれるよう
頑張りましょう。

束の間の
癒しのひととき
というよりもビタミン補給の様な蜷川実花展。

体調の悪さも
忘れてしまう様な
楽しい気分にさせられ
そのまま工房へと。。。

最初に
蜷川さんの事を教えて下さった
人形作家 加波千晴さんに感謝です。

加波千晴さんの詳細は
人形作家 加波千晴 ーかば ちはるー
を^ご覧ください。

人形の秀月
人形工房一心は
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。


◆浜松・磐田・静岡で人形のことなら・・・人形の秀月/人形工房一心

【住所】 静岡県袋井市堀越388-2 Honda cars 浜松 袋井インター店西側
【電話番号】0538-43-4633
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】5月~11月土・日・祝日
      11月~5月毎週水曜日・年末年始等
【駐車場】店舗兼工房東側に完備
【取扱いカード】VISA、MASTER、AMEX、DINERS

公式ホームページ
当店へのアクセス
メールでのお問い合わせ

☆浜松・浜北・磐田・袋井・掛川・菊川・豊橋
  遠くからは静岡や名古屋からもご来店いただいております。
☆雛人形・市松人形・五月人形・鯉のぼり・鎧・兜・甲冑・駿河塗下駄等。
☆人形の修理・リメイク等のご相談もお気軽にどうぞ。 

Td2u8ozAUJCZCDL1416408911_1416408925.png

ポチッとご協力お願いいたします
   ↓


タグ : 静岡 静岡県立美術館 蜷川実花 蜷川実花展 写真家 映画監督 蜷川カラー 人形作家 加波千晴 人形の秀月

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE